ドコモ冬春モデル「Galaxy Note20 Ultra 5G」「Galaxy A51 5G」「AQUOS sense4(限定カラー)」、本日発売

Uncategorized


 NTTドコモが5日発表した「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」、「Galaxy A51 5G SC-54A」、AQUOS sense4(オンライン限定カラー)が、今日6日から発売された。

Galaxy Note20 Ultra 5G

 「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」は、6.9インチの大画面有機ELディスプレイを搭載し、専用スタイラス「Sペン」に対応する「Galaxy Note」シリーズの最新モデル。5G通信、ミリ波もサポートする。

 アウトカメラは約1億800万画素の広角カメラ(F値1.8)、約1200万画素の超広角カメラ(F値2.2)、約1200万画素の望遠カメラ(F値3.0)。インカメラは約1000万画素(F値2.2)。

 本体のサイズは約165×77×8.1mm(最厚部10.8mm)で重さは約208g。左右のベゼルがほとんどなく、前面のほぼ全体がディスプレイとなる「Infinity-O Display」デザインで、インカメラは上端中央にピンホール形式で搭載する。指紋認証センサーはディスプレイ部に内蔵される。

Galaxy A51 5G SC-54A

 「Galaxy A51 5G SC-54A」は、6.5インチ(フルHD+)の有機ELディスプレイと4500mAhの内蔵バッテリー、マクロカメラを含む4眼カメラを搭載する5G対応のAndroidスマートフォン。

 アウトカメラは約4800万画素の広角カメラ、約1200万画素の超広角カメラ、約500万画素のマクロカメラとToFカメラ。マクロカメラは、ドコモのGalaxyスマートフォンでは初めての搭載。インカメラは約3200万画素を採用。

 本体の大きさは、159×74×8.8mmで重さは約189g。バッテリー容量は4500mAh。おサイフケータイ(FeliCa)やIP68相当の防水・防塵にも対応する。カラーは「プリズムブリックス ホワイト」「プリズムブリックス ブラック」の2色。

AQUOS sense4(オンライン限定カラー)

 「AQUOS sense4 SH-41A」は、5.8インチ(2280×1080)のIGZOディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン。

 Android 10搭載で、チップセットは「Qualcomm Snapdragon 720G」。前モデルの「AQUOS sense3」と比べ、CPUの性能は約2倍、グラフィック処理を担うGPUの性能は約4倍となっている。システムメモリーは4GBで、64GBのストレージを備えている。

 カメラは、24mm相当F値2.0の1200万画素メインカメラ、18mm相当F値2.4の1200万画素超広角カメラ、53mm相当F値2.4の800万画素望遠カメラのトリプル構成。電子手ぶれ補正やsenseシリーズ初のナイトモード対応のAIオート撮影機能などを搭載する。インカメラは26mm相当F値2.0の800万画素。

 本体のサイズは約148×71×8.9mmで重さは約177g。本体のデザインは昨冬モデルのAQUOS sense3を踏襲し、側面と背面が一体となったアルミニウム製のバスタブ構造を採用する。

 カラーバリエーションは、ライトカッパー、ブラック、シルバー、ライトブルー、レッド、ブルー、イエロー。このうちレッド、ブルー、イエローの3色はドコモオンラインショップ限定発売で、ほかの色の発売に先立って6日発売した。

Source

Sharing is caring!

Leave a Reply